UNDERLINE

Blog

時間が過ぎるのは早いもので、撮影データを見ると伏見稲荷大社・東福寺へ行ったのは5月。ずっと行ってみたかった京都の伏見稲荷大社へ。インスタグラムでもかなりの人気スポットになっていたので、早起きして行ってきました。

伏見稲荷大社は想像よりかなりハードで、登っても登っても階段、階段、階段。そして、朝一でいったにも関わらずすごい人。特に海外の方に人気みたいですね。ただ、ある程度登ると人も減ってきて、鳥居がずらーっと並ぶ景色をゆっくり見れました。

伏見稲荷大社見た後、東福寺へ。京阪で3分とかなのでこの流れはおすすめ。東福寺は庭園が素晴らしいんです。千本鳥居とはまた違ってシンプルに配置された石柱や苔山はモダンなデザインのようにも見え、とても面白かったです。ちょうど行事が行われていて、お坊さんもスマホで撮影していました。なんか不思議な組み合わせ。

新緑がとてもきれいな唐招提寺へ行ってきました。唐招提寺はあの有名な鑑真が建立したお寺。行くまで知らなかったのですが1998年に世界遺産に登録されています。休日に行ったのですが比較的人も少なくてゆっくり見れました。

上の写真は金堂といって改修工事などは行われているみたいですが、1300年前に建てられた国宝。裏にある講堂に金堂の構造が見れるミニチュアが置いてあって、屋根の構造部分がびっくりするほど複雑なつくりになっていて感動しました。

上の写真は唐招提寺の御影堂に咲く瓊花(けいか)という花。タイミングよく特別公開されていました。背が高くてきれいな白い花をたくさん咲かせて、周りにはアオスジアゲハがたくさん。鑑真の故郷の花だそうです。

薬師寺へも行ってきました。カラフルなお寺で唐招提寺とはまた違った雰囲気。薬師寺も世界遺産なんですね。最後の写真は駅からお寺へ向かう道の真ん中に咲いていた花。あえて道の真ん中に咲いているそのたくましさに、うれしくなってパシャり。

Sakura 2016

2016.4.4

天気のいい日に満開の桜を撮影してきました。ちょうど天気予報もこの日以外は曇りや雨予報だったので、どこも人がいっぱい。日本人はやっぱり桜が好きなんですね。もちろん外国人観光客の方もたくさん見に来ていました。

大阪は桜の見れる場所がたくさんあるのですが、今回は大阪城公園と天満橋の大川沿いで撮っています。大阪城の多聞櫓(たもんやぐら)をくぐって少し入った所にある石垣の上の桜が最高にきれいで、階段を登れば360度桜に囲まれていました。

最後の写真は天満橋の大川沿いにある桜並木。ここは桜撮影のスポットになってるみたいで、たくさんカメラを構えた人がいました。三脚を立ててずっと電車が通るのを待っている人も。僕もオレンジ色の車両が通るまで15分ほど待ちました。年に一度の桜シーズンはやっぱり写真を撮りにでかけたくなります。

カーブミラーに映った桜は、家の前の桜で毎年きれいに咲いています。近くの公園でも満開の桜をおばあちゃんが携帯で撮影して誰かに送っていました。

3 / 712345