UNDERLINE

Blog

友人夫婦に女の子が生まれたので、会いに行ってきました。
お母さんのお腹が少しずつ大きくなっていく過程も見ていたので、元気な赤ちゃんで嬉しくなりました。赤ちゃんが生まれたら、フィルムカメラで撮りたいと思っていたので、さっそく写真撮影。ファインダー越しの小さくてムッチムチの姿は何枚でも撮りたかったけど、フィルムは2本持参の20枚のみ。

カメラはPENTAX67で全て三脚を立てて撮りました。
デジタルカメラとは違い、1枚ずつ慎重に撮ったつもりだけど、結構失敗してました。ぶれていたり、目をつぶっていたりでまだまだ練習が足りていないなー。フィルムカメラは現像するまで見れないことが緊張感があって楽しんですけどね。もっと上達せねば!

これからの成長がとても楽しみで、節目にまた撮れせてもらえたらうれしいなー。今回撮ったものは時間見つけて暗室に入ってプリントしたいと思います。人を撮るのってやっぱり楽しい。

急に思い立ってじーちゃんとばーちゃんの写真を撮りたくなり、重たい中判カメラを抱えて実家に行ってきました。
二人は「なんで写真なんて撮るの?」なんてことも言わず普段通り普通に過ごしてくれていたので、なんとなく撮りたいなぁと思っていた風景が撮れました。

仕事の話とか趣味の話とか日常の話をしながら三脚を立てて中判カメラで撮っている光景はなかなか面白かったです。
普段デジタルカメラで写真を撮ることが多いので、久しぶりに中判カメラの大きなファインダーから見る光景はすごく素敵でした。ポートレートを撮りたい熱が上がってきております。

早くこの写真を見たいと言ってくれてるみたいなので、ラボで初カラープリントに挑戦したいと思います。中判フィルムカメラはデジタルに比べるとランニングコストがえらいことになるので、少しずつ撮っていければなーと思ってます。だれかポートレート撮らせて!

七五三

2017.11.29

友人のお子さんの七五三参りを撮影させてもらいました。
友人宅に着いたとき、着付けも終わってハリーポッターの映画に夢中だったユリカちゃん。じつは3年前のまだ赤ちゃんだったときに、babychouのモデルをやってもらったので、今回は2度目の撮影。髭の生えたおじさんを見て、はじめは警戒されてました(笑

子どもってずっと動いてるので、シャッターチャンスを逃すまいと必死に追いかけて、カメラを向けると逃げられたり。
それでも撮影を進めるにつれて、ちょっとずつ笑顔を向けてくれるようになったり、仲良くなれたのはすごく嬉しかったです。記念日の撮影は自分にとっても思い出に残るものでした。

途中雨が降ったり、ご機嫌ななめで泣いちゃったりしたけど、そういうことも含めて全部が家族の思い出として残っていくんだろうなと、しみじみしながら写真の現像をしていました。家族の記念日を撮るのが初めてだったのですが、癖になりそうです(笑

1 / 612345